Beschreibung

ベートーヴェンについて
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven)は、一七七〇年、ドイツのボンで生まれました。父は宮廷の歌手でしたが、酒好きであったため収入も少なく、生活は困窮していました。幼い頃から父親に音楽のスパルタ教育を受け、アルコール依存症のため失職した父に代わり、早くから家計を支えました。
二十代の後半から難聴が悪化し、二十八歳の頃には最高度難聴者となりました。一八〇二年には「ハイリゲンシュタットの遺書」を記し死をも覚悟しましたが、強靭な精神力でこれを乗り越えました。
一八〇四年に、交響曲第三番を発表、以後「傑作の森」と呼ばれる作品群を発表します。四十歳頃には全聾となり、また持病の腹痛など健康状態も思わしくない中、偉大な歩みを続けます。
一八二六年、急激に病状が悪化し、翌二十七年肝硬変により五十六年の生涯を閉じます。
ベートーヴェンのその後の音楽界への影響は計り知れません。彼の影響を受けていない音楽家など皆無だと言われています。
ロマン・ロランについて
ロマン・ロラン(Romain Rolland)は、一八六六年、フランスに生まれました。一八八九年、ローマのフランス学院へ留学し、そこでドイツの女流作家マルヴィーダ・フォン・マイゼンブークと知り合います。彼女を介してベートーヴェンやニーチェやに関心を持ちます。
代表作は、この「ベートーヴェンの生涯」と「ジャン・クリストフ」が挙げられます。一九一五年にはノーベル文学賞を受賞しています。
 
この本には以下の内容が収録されています。
1、凡例
2、ベートーヴェンの生涯
3、ハイリゲンシュタットの遺書
4、ベートーヴェンの手紙
5、ベートーヴェンの思想断片
6、付録 ベートーヴェンへの感謝
7、ベートーヴェンの『手記』より
8、文献
9、訳者解説
(古典教養文庫について)
古典教養文庫は、日本のみならず広く世界の古典を、電子書籍という形で広めようと言うプロジェクトです。以下のような特長があります。
1、古典として価値あるものだけを
これまで長く残って来たもの、これから長く読み継がれていくものだけを選んで出版します。
2、読みやすいレイアウト
文章のまとまりを、適切な改ページで区切って、iPhoneはもちろん、iPadやMacでの読書に最適化しました。また、作品の一編一編にも索引を付けましたので、目次から直接アクセスできます。
青空文庫をベースとしている場合も、適切に処理してありますので、そのまま青空文庫の物をダウンロードして読むよりも格段に読みやすくなっています。
3、美しい表紙
プロのデザイナーによる美しい表紙をつけました。書籍と関連づけられた美しい表紙で、実際の本を読むような感覚に浸れます。
4、スピーディーな改版
紙の本と違い、誤植の修正や改訂などすぐに対応でき、刻々と進化を続けます。

Kundenbewertungen

Durchschnittlich

Keine Bewertung

Kundenrezensionen

Kein Eintrag